知っておきたい!個別指導塾のプロ講師とは?

個別指導塾の講師はみんな同じじゃないの?
個別指導塾の講師は大きく分けて3つに分けられます。
1つはアルバイトで大学生が授業を指導してくれるケースです。個別指導塾の大半がこの大学生講師に頼っているのが現状です。教育学部の大学生もいれば工学部の大学生もおり、各塾の採用基準をクリアしております。家庭教師のビジネスモデルを塾に応用した典型です。
2つめは同じアルバイト講師でも大学生ではなく、社会人を講師として雇っているケースです。学校の非常勤講師の先生や臨時採用の先生、引退した先生、過去に学校や塾で勤めていた場合などが多いです。大学生と比べて年の差が開くのでお子さんの親しみやすさは弱いですが、安定した指導ができまた経験も豊富な点が強みです。
3つめはプロ講師と呼ばれるケースです。プロ講師にも個人で学習塾と契約している場合とそこに務めている正社員の講師と分かれてはきますが、どちらも指導力では他の講師の追随は許すことはないでしょう。実績もきちんと公表している場合も多く、親御さんは安心して任せることができることでしょう。料金はその分かかりますが、プロの家庭教師を自宅ではなく、集中できるきちんとした場所で指導してもらえていると考えれば損をすることはないでしょう。
一番責任感はあるのはプロ家庭教師
どのタイプの講師も一生懸命に指導してくれるでしょう。ただ、プロ家庭教師はその道で仕事をしていることが多いので責任をもってお子さんの指導にあたることが多いです。実績がその先生の信用となっていくわけですからね。中学受験をするほどのお子さんであれば親しみやすさより、技術の高い先生を講師としてつけてくれる個別指導塾は選択肢のひとつとして良いのではないでしょうか。