中学受験で大活躍の個別指導塾

集団塾と個別指導塾のちがい
現在塾業界では半分以上が個別指導塾だといわれています。一昔前までは集団塾しかありませんでしたが、多彩な顧客のニーズに対応していくために個別指導塾が増えてきました。そこから集団塾も個別指導塾もそれぞれに特色を出しており違いは一概に言えないところもありますが簡単に分類してみましょう。
集団塾は、入塾テストや面談など厳格な審査を通してその地域でのトップ校を生徒たちを競争させながら合格させるというスタイルです。その中にも大きく分けて2種類あります。
①中学受験特化型
集団塾は基本的に成績ごとにクラス分けをします。中学受験特化型の集団塾は、このクラス分けの数が圧倒的に少なく設定されています。1クラスや2クラスしか設定のされていない集団塾は、入塾テストの審査も厳しく落とされる人も多くなっています。
②高校受験トップ校型
中学受験のコースも設定されていますがどちらかというと入塾テストの審査を少し緩くして優秀な子供たちをたくさん通わせ中学受験を目指させながら将来的に高校受験での実績を残すことを目標にしているためクラス数は多くなります。
個別指導塾が中学受験にピッタリのワケ
個別塾というものは現在塾業界の大半を占めるほどの人気を誇っていますが、業態が多岐にわたることから自分にピッタリの個別指導塾を選ぶということはかなり難しいといわれています。そこで、今回は、個別指導塾の業態を2パターンにわけて紹介します。
①1:1や1:2の完全個別指導型
個別指導塾の中でも一番中学受験に適したタイプです。志望校に対して本人のレベルとの差を先生が把握できることが一番のメリットで、分かっているところやすでにできているところではなく分からないところを徹底的に指導してもらうことができます。質問をしづらいお子さんも傍に先生がいてくれる安心感は他の指導塾では得られないことでしょう。料金は個別指導塾の中でも一番かかってしまいますが直営型の学習塾の場合が多いので、サービスの質も安心できるのもポイントの一つです。

中学受験合格に個別指導塾を選ぶ際には子供との相性が必要です。
中学受験の個別指導塾探しに役立つサイトを使って相性の良さそうな塾を探しましょう。
参考サイト